LiVE Buzz KYOTO

最強級の”音”と”光”のハコ

-->

怖すぎ!リアルすぎるロボットたち

      2018/08/10

●従来機ビジネスホンに接続の場合には、アナログ内線ユニットの空きポートに接続します。予め使用ビジネスホンにアナログ内線ユニットの空きポートもしくはアナログ内線ユニットを増設できるスロットが空いているかご確認ください。なお、アナログ内線ユニットはご利用各ビジネスホンメーカーよりご購入ください。●本製品を強く叩いたり、振動させたり、抑えつけたり、落下させたりしないでください。●本機設定中・利用中に接続ケーブルが抜けた場合、正常に動作しなくなることがあります。その場合は、接続機器と本機の電源を一旦オフにしてからオンにしてご利用ください。●弊社は、サービス改良等により予告なく仕様等を変更することがあります。●本カタログ掲載の会社名および商品名等は、一般に各社の商標または登録商標です。●本情報は、2018年7月現在のものです。 ※ケンジントンロック自体は、別途手配となります。

ペッパーくんなどのロボットを会社に配置するのがはやりになっていますね。

今回は、そんなロボットたちのなかから、進化しすぎて怖いものを紹介します。

 

拍手マシン「オンズ」 Clapping Machine

拍手をしてくれるマシン

手だけやん!!めっちゃこわいやん!!

拍手とは

京都大学霊長類研究所の松沢哲郎教授によれば、拍手が成立するためには、2つの条件が必要で、ひとつは手が自由に使えること、もうひとつは、手を叩くという行為に何らかの意味を持たせることが出来ることであり、この条件が揃うことで拍手が成立するという。その意味で霊長類も餌を要求するときなど相手の気を引く目的で手を叩く。人間の場合の拍手は、更に手を叩くことにより賞賛・賛意・歓迎・喚起・感激・感謝といった感情を伝えることにある。江戸時代までの日本では、観劇等で音を立てることを作法に反すると考えていた。国立民族学博物館の野村雅一教授は、世界的に産業社会が確立していない地域では拍手の習慣が未発達であるとする。ミクロネシアやオセアニアの一部が該当するが拍手をする場面がないからにほかならない。拍手をするためには少数対多数つまり大勢の人たちの前で少数の人たちが何かをするという状況が必要である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D%E6%89%8B

 

拍手ロボット「ビッグクラッピー(BIG CLAPPER)」

拍手だけでなく、しゃべる

奇抜なロボットです。

置いてあるお店は見たことがありませんが、面接に来た会社にこんなのがあったらびっくりしますね

 

ロボットとは

ロボット(robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置、もしくは機械のこと。 主に以下に大別することが可能である。 ある程度自律的に連続、或いはランダムな自動作業を行う機械。例・産業用ロボット、軍事用ロボット、掃除用ロボット、搾乳ロボットなど。 人や動物を模した、または近似した形状および機能を持つ機械。現状では主にSFで描かれているもの(自律行動が出来るいわゆるアンドロイドや人造人間と呼ばれるもの(『鉄腕アトム』など)や遠隔操作するもの(『鉄人28号』など)、パワードスーツなども含む人間が搭乗や装着して行動する人の力を増幅するもの(『マジンガーZ』など))が容易に想像されるが、現実世界でも研究用やパブリックなもの(テーマパークやパビリオンなどで案内係を務める)だけではなく、愛玩用のペットロボットや、二足歩行ロボットの実用化以来、ホビーとしての手軽なロボットも広まりつつある。 単なる機械とロボットとの境界は厳密にいえば明確になっておらず、今後、技術が進歩するにつれ、ますます曖昧になっていくといわれ[1]、AIやセンサー技術、IoTなどにより、自家用車や家電はロボットと呼ぶべきものになっていく可能性がある。 近年では無人機「ドローン」を半ば自律化させたもの[2]も存在し、自動運転車の実現が視野に入ってきており、SFの世界が現実のものとなりつつある。 生命体に通常以上の力を発揮させる方策として何らかの人工物を埋め込んだり置き換えるなどの方策を採った者は一般に「サイボーグ」などと呼ばれ区別されることが多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88

起源とされる上記作品において「人の代わりに作業(労働)をさせることを目的に」、「人(の姿と自律行動)を模して」作られたものであるとされているが、同作品の一般への広範囲な広まりにより、各分野においてそれぞれ普及し、独自に用いられるようになった。ヨーロッパでは1930年代中頃から『自動化』という意味合いでも使われており、ドイツのカメラメーカーであるオットー・ベルニングは1934年から発売したモータードライブ内蔵カメラを『ROBOT』と命名している。 明確な定義は事実上存在しないとされているものの、起源に習い「人に代わって作業(労働)をするために作られた存在」、「人の姿を模して作られた存在」、「人の(自律)行動を模して作られた存在」のいずれかまたは複数が該当する存在であると捉えられている。なお特定の分野においては明確に定義が定められている場合もあり、JISでは「JIS B 0134」(1998年)により「産業用ロボット」の定義を、「自動制御によるマニピュレーション機能又は移動機能をもち,各種の作業をプログラムによって実行できる,産業に使用される機械。」と規定されており、さらに「JIS B 0134」では産業用マニピュレーティングロボットに関する用語が定義されている。 基本的に、人の代わりに作業を行う装置のうち、ある程度の工程なり手順なりを自動的かつ連続的に行うものであり、単一の動作のみを行う装置(ベルトコンベアー、エスカレーターなど)や、絶えず人間が操作をする必要がある装置(リフト装置やエレベーター)、操縦者が搭乗する必要性があるもの(ブルドーザーやショベルカーなど)は含まないことが多い。 その一方で、人の形を模した(若しくは類似した)外観である機械装置であれば、まったくの手動操作・操縦であっても、範疇に含む場合があり、パワードスーツなどを含めた「人の形をした乗り物または作業用機械」についても同様に、一般的にはロボットと呼ばれている。 作業用機械・装置であっても、高度な遠隔操作や自動制御技術の導入が進み、人間が操縦者から単なる作業指示・命令者に近づきつつあり、さらに、従来よりオートパイロットと呼称されている、航空機や船舶など乗り物全般の自動操縦技術も、より発展し自動車にまでも及びつつあり、今後これらが更にロボット化が進む可能性があり、一層、境界が曖昧になって来ている。 操り人形の類は何かの作業を目的とした装置ではなく、ましてや自動的に動作する物でもないため含まれないことがほとんどだが、あらかじめ設計された一連の動作を、特定の操作をきっかけとして行うからくり(からくり人形)の一部(もっぱら糸で繋がった手足などを人が操作するものも、からくり人形と呼ばれる場合がある)やオートマタ等に、今日あるロボットの原型を見出すことができるため、間接的にからくり人形やオートマタをロボットの一種と見なすことも可能である。 モーター等の動力が内蔵され機械的または電気的に人間の操作を伝達して動作するマニピュレーターも一種と見なされ、ロボットアームとも呼ばれる(医療ロボットのダ・ヴィンチや国際宇宙ステーションのカナダアーム2など)が、これらは厳密な定義による分類ではなく、多分に慣用句的用法である。 物体としては存在しないが、「人の代わりになんらかの作業を、ある程度の工程なり手順なりを自動的かつ連続的に(かつ効率的に)行うもの」という定義から、コンピュータ言語によるプログラムやソフトウェアも範疇に含まれる場合もある。例としてインターネットの情報を自動検索するソフトウエア「検索エンジン」などはロボット検索(命令(検索ワードの入力)するだけで、さまざまな結果・情報の取得まで自動で行なう)と呼ぶ。これらは機械的ロボットとの区別のために短縮形のボット(Bot)と呼ばれる(インターネットボット、ボットネットなど)こともある。 別の用法として、「機械的」という概念を人間にあてはめ、「自分で判断をしない、指示待ち的な人間」や「自分の意志ではなく、他人に操られて動く人間」を、やや侮蔑的に比喩として呼称することもある。ただし、同様の人を指して「傀儡(かいらい)」や「操り人形」という比喩は、それ以前から存在するため、新しい語をバリエーションの一つとしてあてはめたものと言える。英語においても、同様の比喩に用いるが、こちらも先に「オートマトン(オートマタ、機械人形)」が比喩に用いられていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88

 

welbo

受付電話として利用されることがおおいらしい!

電話の代わりにつなげるそうな

 

仕様は下記

●従来機ビジネスホンに接続の場合には、アナログ内線ユニットの空きポートに接続します。予め使用ビジネスホンにアナログ内線ユニットの空きポートもしくはアナログ内線ユニットを増設できるスロットが空いているかご確認ください。なお、アナログ内線ユニットはご利用各ビジネスホンメーカーよりご購入ください。●本製品を強く叩いたり、振動させたり、抑えつけたり、落下させたりしないでください。●本機設定中・利用中に接続ケーブルが抜けた場合、正常に動作しなくなることがあります。その場合は、接続機器と本機の電源を一旦オフにしてからオンにしてご利用ください。●弊社は、サービス改良等により予告なく仕様等を変更することがあります。●本カタログ掲載の会社名および商品名等は、一般に各社の商標または登録商標です。●本情報は、2018年7月現在のものです。 ※ケンジントンロック自体は、別途手配となります。

https://welbo.jp/product/

RPAシステムの商品を取り扱う受付ロボットのウェルボが販売しているようです。